top of page
SKOCロゴ

一般の方はお待ちください

少しずつ暖かくなってきて、心もなんだかポカポカしている。少し前までだったらイライラしてしまった事も全然へっちゃらに笑えたりする。なんだか不思議な気もするし、こういうもんだな〜とも思う。精神を真ん中に整えておく事は本当に難しくて、最も大切なんだね。




 

蜷川さんと商店街で撮影をしていたら、ドラマか映画のロケ隊が同じ日に同じ場所で撮影をしていらしいとの情報が入った。僕も実花さんも、日本の映像業界から距離を置かれている感のあるもの同志、「ここはちょっと冷やかしにでも行きますか」と、目を合わせてお互い二ヤリと悪い顔をした。

 

僕はハイブランドの衣装で(確か真っ白のタキシードだったかな)実花さんが僕の方を見て、「大スターが来てパニックになるんじゃない」と意地悪を言うので、「大監督が来たわけだから、メガホンを渡されるんじゃないか」なんて言う話をしながら、撮影現場を覗きにいったのさ。たくさんも人たちが集まるシーンを撮影していて、大変そうだな〜、こういう感じで撮影しているんだ〜と、撮影を眺めながズカズカ歩いていた。

 

「本番が始まりますのでご協力お願いします〜」とスタッフがバタバタしだして、ちょうど僕が先頭になる形で通行止めとなった。

 

「一般の方はこちらで少々お待ちくださ〜い」

 

ぼーっと突っ立っていると、実花さんが「一般の人だって」と本当に意地悪な顔をしながら、白タキシードの僕にボソボソと耳打ちしてきた。「大監督も少々お待ちくださいね」と、ピンク髪の大監督に嫌味を言う。しばらく時間が経過して「お待たせしました〜、一般の方々、どうぞご通行くださ〜い」と道を開けてもらった。

 

ニヤニヤしながら、能ある鷹が爪を隠しながら、虎の威を借る狐のように、虎視眈々と仕込んでいく。ヨーロッパの本社と撮った写真を確認し合いながら、どれを表紙にするのか吟味する。八体のハイブランドを着ては脱ぎを繰り返し、実花さんとも久々の無駄話に花が咲く。

 

僕は僕のペースで、誰も見たことのない景色を見る準備をしている。誰かに止められても、ぼーっとしながら考える事に時間を使っている。どうぞ、と道が開けられた時、口角を上げながら、ありがとうと愛嬌だけをボムしていく。そうやって生きていく。


37件のコメント

最新記事

すべて表示

37 comentários


Tama
Tama
3日前

想像しながらニヤリ😏と読んじゃいました。

そしてお写真がカッコイイ✨

Curtir

かっこよすぎてオーラ半端ないどしょーに笑

Curtir

あきの
あきの
4日前

一般の方😂

8着ものハイブランド衣装が見られるんですねー!楽しみです!

Curtir

写真素敵です!かっこいいです✨

二人のオーラすごそうです🌟

表紙楽しみにしてます☺️

Curtir

陽
4日前

商店街ってまさかね、って思ってたけど…あちらのコミュに🕵️さんいて知った!また知らない間にしょーちゃん近所の商店街に来てたのか😇

次3度目あったら、その時は来る前に連絡ちょーだいね😂

Curtir
bottom of page